Why Avalanche?

Avalancheを基盤とする開発者は、複雑なルールセットを持つ、強力で高い信頼性と安全性を持つアプリケーションカスタムブロックチェーンネットワークをプライベート/パブリックサブネット上に構築することができます。

DApps
Payments
資産のインターネット

Avalancheは既存の分散型プロトコルよりも遥かに高いパフォーマンスとセキュリティ、効率性を実現します

* オンライン情報とコア開発者による議論からの推定値  ** 理論上数百万人の参加者に対応可能

Avalancheは既存プロトコルの利点に加え、強固な51%攻撃耐性を有します

Avalanche Architecture

1. Consensus Engine

Avalanche には2つのコンセンサスエンジンが搭載されています。

Avalanche:DAG に最適化されたコンセンサスプロトコルでありハイスループット、並列化が可能です。

Snowman:チェーンに最適化されたコンセンサスプロトコルであり、スマートコントラクトに最適です。

2. Virtual Machines (VMs)

Avalancheの仮想マシン(VM)は、コンセンサスを使用してデータベースを作成するコードです。 このデータベースは、チェーン、DAG、ログファイル、または複数のマシン間での同期を必要とするその他のデータ構造の形式にすることができます。
VM ロジックは複数のサブネットにまたがり何度も展開することができます。

3. Chains

ChainsはVMインスタンスの総称であり、各チェーンにはChainIDが割り当てられ、1つのサブネットにのみ属します。同じVMインスタンスを使用して、同じタイプのチェーンをサブネット内に複数回デプロイすることが可能です。

4. Subnets

Subnet(「サブネットワーク」の略)は、一連のブロックチェーンの状態に基づくコンセンサスを達成するために連携して機能するバリデーターセットです。Subnetは、これらのバリデーターのためにカスタムインセンティブメカニズムを作成する必要があります。

Subnetとその能力

Avalancheはカスタマイズ可能で、拡張性があり、相互運用性を有する設計がされています。Avalanche上の全てのものはサブネットであり、全てのチェーンはサブネットの一部です。バリデーターはデフォルトサブネットを検証する必要がありますが、その他のサブネットはバリデーターにより任意性を持ちます。また、デフォルトサブネットには3つのブロックチェーンが含まれています。

Platform Chain (P)

P-ChainはAvalanche上のメタデータチェーンであり、バリデータを調整し、アクティブなサブネットを追跡し、新しいサブネットを作成することができます。
Platform Chainは、Avalancheによって提供されるSnowmanコンセンサスプロトコルを実装しています。

Exchange Chain (X)

X-ChainはAvalancheのデフォルトのアセットチェーンであり、新しいアセットの作成、アセット間の交換、クロスネット転送を可能にします。
Exchange ChainはAvalancheのコンセンサスプロトコルを実装しています。

Contracts Chain (C)

Contract ChainはAvalanche上のデフォルトのスマートコントラクトチェーンであり、あらゆるEthereum互換のスマートコントラクトの作成を可能にします。
Contract Chainは、Avalancheが提供するSnowmanコンセンサスプロトコルを実装しています。

Avalanche Resources

1. Gecko

GeckoはAvalancheの公式のGo実装であり、Avalanche上の仮想マシンAPIと対話するためのJSON RPCの完全なスイートを備えています。 Geckoには、ノード自体と対話するためのローカルのキーストア、メトリック、IPC、および管理APIが豊富に用意されています。

Gecko Repo

2. Avalanche.js

Avalanche API と対話するための Javascript ライブラリです。Avalanche.jsは既存の分散型アプリケーションと統合し、Avalancheの統合を可能にします。モジュール型のライブラリアーキテクチャを持っており、カスタムVMがAvalanche.jsの機能を拡張するためのプラグインを記述することができます。

Avalanche.js Repo

3. Avash

Avash は Go で書かれたプログラムで、Avalanche 上でテスト目的のためにローカルネットワークを迅速に作成できるようにすることを目的としています。AvashはLuaスクリプトをサポートしており、開発者は様々なローカルネットワークを自動化し、サブネットを起動し、CIパイプラインに統合するために各ネットワーク上にチェーンを展開することができます。

Avash Repo

4. Avalanche Wallet and Faucet

ウォレットとfausetサーバーがオープンソース化され、開発者がAvalancheと対話可能になりました。ウォレットを使用することでネットワーク全体で資金を送受信できます。プライベートな共有テスト環境を使用する場合、fausetはテスト目的のために資金が必要な開発者に便利なツールとなります。


Wallet RepoFaucet Repo

Get Started Now

Document

AVAの輪へご参加ください

👍 ありがとう!メールリストに登録完了です。これでAVAの最新情報をいち早く入手可能になります。
フォーム中のどこかに誤りがあるようです。
👍 ありがとう!メールリストに登録完了です。これでAVAの最新情報をいち早く入手可能になります。
フォーム中のどこかに誤りがあるようです。