AVA Platform Roadmap

2020年4月

Public Test Network
(Phase 1/2)

Cascade パブリックテストネットワークでは、メインネットのローンチに先立ち、誰もがステーキングプールに参加し、プラットフォーム上でのステーキングの準備ができるようになります。

AVA Client

The AVA client in Go

AVA Wallet

各種のAVAネイティブ資産を保有できる財布

AVA Faucet

テストネットトークン受信用faucet

Avash

ローカルネットワーク起動のためのシェル環境

Slopes

AVA上でアプリケーションを構築するためのJSライブラリ

Avalanche-X Grants

エラーの発見及びブリッジの構築、ドキュメントや教育コンテンツの作成をします。

Avalanche-Xでは、開発者はAVA Labsのコミュニティ、リソース、助成金プログラムなどのサポートコンテンツにアクセスして、アプリケーションの効果を最大限に発揮できるような環境を整えています。

2020年6月

Denali Test Network
(Phase 2/2)

Denali テストネットワークは、Avalanche メインネットのローンチ前の最後テストラウンドとなります。Denali には、開発者向けの新しいコンポーネント、ツール、ライブラリが多数搭載されます。

2020年8月

Main Network

メインネットローンチに向けた拡張機能

Transaction Fees

料金はバリデーターのインセンティブを高め、ブロックチェーンでのDDoS対策に不可欠です。Avalancheでは、バリデータは独自のカスタマイズ料金を設定可能です。

Custom Validators

バリデーターは、独自のインセンティブスキームを活用してバリデーションに興味のないサブネットをオプトアウトすることが可能です。

Asset Registry

サブネットはそれぞれの資産を管理しているので、Avalancheのユーザーはネットワーク上の資産を簡単に発見することができます。

サブネット

Avalancheはシャーディングに機能的なアプローチを取り、独立したユースケースを持つ資産は、「サブネット」と呼ばれるものの中の参加者によって検証されます。

NFTs

ノンファンジブルトークンは非常に魅力的です。 AVAはNFTアセットクラスを検出するための完全なサポートとレジストリを有しています。

Atomic Commitment

Avalancheのサブネットは、トランザクションのコンセンサスに同じ基本プロトコルを使用して、アトミックコミットメントを可能にします。この場合、セットの変更を単一の操作として適用できます。

拡張ガバナンス

Avalancheにより、ステークホルダーはシステムの主要な経済関連のパラメーター(最低ステークや報酬率など)を決定することができます。

Performance

Avalancheは、その基礎となるAvalancheコンセンサスプロトコルによりパフォーマンスの優位性を獲得し、更に高速化することができます。

Post Mainnet

メインネットローンチ後に提供される機能の一覧:

Post Quantum VM

Pruning

Database Upgrades

Avalanche Network Monitoring

VM Sandboxing

Avalanche Explorer

Frosty Consensus

Privacy VM

AVAの輪へご参加ください

👍 ありがとう!メールリストに登録完了です。これでAVAの最新情報をいち早く入手可能になります。
フォーム中のどこかに誤りがあるようです。
👍 ありがとう!メールリストに登録完了です。これでAVAの最新情報をいち早く入手可能になります。
フォーム中のどこかに誤りがあるようです。